沿革  

1897年(明治30年) 創業者古川一郎の父古川友次郎が東京で古川バリカン・枝切バサミ製作所を開業し刃物の製造・販売をスタートする。
1924年(大正13年) 創業社長古川一郎が東京本所に古川一郎商店を創立する。刃物の卸売業をはじめる。
1929年(昭和3年) 東京・日本橋馬喰町に移転する。
1940年(昭和15年) 市川・行徳の現在地に安全剃刀・ナイフ等の刃物を製造する工場を新設する。
1951年(昭和26年) 株式会社ナルビーと現社名に社名変更。
1970年(昭和45年) 販売部門と製造部門を統合し、本社を市川・行徳の現在地とする。
2002年(平成14年) 四街道工場設立。
2007年(平成19年) 四街道に製造拠点を完全に移転する。